信用生活協同組合
信用生協に寄せられた相談事例をご紹介いたします。
【相談事例】失業をきっかけに多重債務

債務の一本化(スイッチローン利用)により解決

5年前に失業してから再就職先が見つからず、生活費としてやむなく消費者金融やクレジットからお金を借りた。
その結果、返済が大変で家賃や税金も滞納し借金はますます膨れ上がってしまった。
3年前から定職に就いたが、滞納家賃や税金の一括請求を受け取っても給料では払いきれない。
もう一般の金融機関では貸してくれず・・・、解決の方法はあるだろうか。
相談者のプロフィール

  • 30代、男性、会社員、年収300万、独り暮らし
  • (家族)父/会社員、母/パート、弟/会社員

相談時の債務状況

 
件 数
借入残高
毎月支払額
消費者金融、クレジット
4件
1,500,000円 
65,000円
家賃滞納、税金
2件
1,000,000円 
一括請求
合 計
6件
2,500,000円 
65,000円+α

信用生協との相談経緯

弁護士に分割払い交渉をしてもらう任意整理や、裁判所を通した自己破産や特定調停の手続きも検討。
解決方法についてはご家族にも相談し、今後相談者の家計が二度と狂うことの無いように協議しました。
その結果、相談者の希望通りスイッチローンを利用し債務を一本化する方針となり、父親に連他保証人として協力いただくこととなりました。

スイッチローン利用後の状況

 
件 数
借入残高
毎月支払額
スイッチローン
1件
2,200,000円 
46,000円
合 計
1件
2,200,000円 
46,000円

解決のポイント

今回、スイッチローン利用するにあたって、相談者の父が連帯保証人として協力することになりました。
今後は家計の問題を一人で悩むことなく、家族の協力が受けられるように相談できたことが、解決の道へとつながりました。
また、各業者に一括払いをする際に、過去に払い過ぎた利息を減額交渉する任意整理を弁護士に依頼。
それによって債務が一部減額されました。
各業者との契約を解除することにより、今後の安易な再借入防止にもつながりました。