信用生活協同組合

信用生協とはどのような組織なのかご紹介いたします。
信用生協とは

信用生協は、組合員のくらしの向上を目的に自発的に組織された生協法人です。
未組織の労働者を対象とした低利での生活資金融資による生活向上を支援することを目的として、消費生活協同組合法に基づき1969年9月2日に設立しました。
青森県(青森/八戸)・岩手県(盛岡/北上/釜石)に相談事務所を設置し、ご相談を受付しております。

信用生協について

消費者信用生活協同組合(信用生協)は、「協同互助の精神」に基づき、全国で唯一貸付事業を行う生協法人として1969年9月2日に設立し、くらしの向上を目的とした相談と貸付事業を行なっています。 また、2011年8月には厚生労働省東北厚生局長から認可を受けて、これまで岩手県と八戸市に限られていた事業区域が岩手県と青森県の全域となりました。
消費生活のなかでのわずかな悩みや疑問などにもいち早く対応でき、気軽に活用される相談窓口が信用生協の役割であると考え、「組合員の安堵感あるくらしづくりの支援を行なう」というミッションの基に、日々、職員一丸となって取り組んでいます。 現在は、5ヶ所の相談事務所で年間約2,500件の面談相談と弁護士・司法書士の無料法律相談(毎週)の実施、18市町村との提携で地域相談会を実施しています。
生協の貸付は手段であり、目的は生活の改善と向上であることから、貸付は家計の改善が見込まれる場合にのみ行い、個人への貸付ではなく家計への貸付を原則とし、2015年度では18,000人の組合員出資金8億円と提携市町村からの9億円の預託による銀行借入金をもとに債務整理や生活資金の貸付を行なっています。 また、自治体やNPOいわて生活者サポートセンターと連携し、生活困窮者や多重債務者等への生活再建支援や自殺防止対策に取り組んでいます。
お金の悩みは必ず解決できます。どんなささいな事でも遠慮なく信用生協へ、ご相談して頂ければと思います。

主要な取扱事業種目
事業種目
主な事業品目等
債務整理資金貸付
スイッチローン(提携・非提携・訴訟)・不動産活用ローン
生活資金貸付
生活再建資金・サポートローン・オートローン・歯科ローン・教育ローン
メンバーローン・不動産活用ローン(住宅取得)

主要数値の推移
項 目
2015年度
2014年度
2013年度
組合員数
18,251 人 
18,224 人 
18,488 人 
出資金額
815,266,000 円 
768,776,000 円 
783,969,000 円 
貸付金
2,917,962,703 円 
3,252,545,967 円 
3,601,453,834 円 
事業収入
267,763,259 円 
316,029,895 円 
340,271,786 円 
経常剰余金
54,100,393 円 
72,875,173 円 
24,395,105 円 
総資産合計
3,473,694,406 円 
3,829,161,759 円 
4,090,210,637 円 
自己資本
1,524,884,038 円 
1,450,195,859 円 
1,418,699,392 円 
信用生協の組織

信用生協の組織は、最高議決機関である「総代会」、事業執行機関である「理事会」、業務執行をチェックする機関である「監事」で構成されます。
また、業務は盛岡、北上、釜石、八戸、青森の5ヶ所の相談事務所を拠点として展開しています。

設 立
 1969年9月2日
代表理事
 佐藤 浩之
事業内容
 組合員への生活資金の貸付、消費者生活相談、啓発事業
所在地
 〒020-0874 岩手県盛岡市南大通1丁目8番7号 CFCビル2階
電話番号
 019-653-0001