信用生活協同組合
信用生協に寄せられた相談事例をご紹介いたします。
【相談事例】過去に破産したために車のローンが組めない

信用生協オートローン(車購入ローン)を利用したい

通勤で使っていた自家用車のエンジンが故障し、修理に持っていったら修理代が40万円もかかると言われた。
そんなに費用がかかるなら安い中古車でも購入したいが、7年前に自己破産をしており、クレジットローンが組めない。
信用生協なら相談に乗ってくれると聞いて来店した。
相談者のプロフィール

  • 50代、男性、会社員、年収300万
  • (同居家族)妻/年収96万

相談の経緯

現在は借金無し。7年前に破産した原因は、父親が病気入院したためその医療代として借入したためでした。
また失業も重なって返済ができなくなり借金が増えました。弁護士に相談した結果、自己破産に至った経緯によってローンは組むことができるとのこと。
現在父親は他界しており、身内の生活支援などの支出が無いこと。また正社員として再就職しており収入も安定していることから、信用生協のオートローンを利用し50万円の中古車を購入することとなりました。

オートローン利用後の債務状況

 
件 数
借入残高
毎月支払額
信用生協オートローン
1件
500,000円 
23,000円(2年払)
合 計
1件
500,000円 
23,000円(3年払)

ポイント

信用生協では、「過去に債務整理をしているから」などという理由だけで、借入申込をお断りすることはありません。
過去、破産や延滞などとなった原因が現在では解消され、また日常の生活に支障がないような返済計画が立てられれば、所定の審査を経てご利用いただくことができます。
車購入の資金だけでなく、教育資金や医療費など生活に関連する資金も同様にご利用いただけます。